スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これ観たよ!

つい先日、新作DVD視聴したのが、こちら。

Gone girl


gone

公開時には観にいけなかったので、新作で借りました。

ながら視聴だったのですが、まあ、なんとも言えない気持ちになりました。

主役の二人は存在感抜群。
シリアスな演技も新鮮でしたが。。。

人間って、パーフェクトすぎると相手にもそれを望んでしまう、、、
そして、希望ではなく欲望になってしまう、のかなって。
あれだけ準備周到な計画を練る彼女は、まさに天才です。
これを生み出してしまったのは、環境なのか、
夫(恋人)のせいなのか。

観終わった後、ザワザワ感が半端なく。
あと味の良くない映画でした。
赤ちゃんはどうなるのでしょう?

こわい、怖い。。。

凡人でよかった。

スポンサーサイト

これ観たよ!

えっと、GWラストに観たのがこちら。

Magic in the moonlight.

magic

ラブコメでした。

主役の二人は、素敵なのですよ。景色もすばらしいし。
でもね。よくよく考えてみると、すごい歳の差カップルでは??
年齢差、26か27か?
これって、私と父の歳の差です。
コリンファースだから許せるのか、俳優さんだから、若く見えるのか。。。

映画自体は、とってもいい感じでしたので、ウキウキ。わくわく、ツンデレおじさまが
観たい方にはおすすめです。

6才のボクが、大人になるまで。

チョッピリ、感想です。

I was close to tears. After the movie was over I remarked to a friend how impressed I was.Especially mom's last scene! #Boyhood

サウンドトラックがいいですよ。
選曲がすばらしいです。
親子それぞれにマッチしていて、それでいて、世代を超えてつながっていく名曲ばかりです。

BoyHood
BoyhoodBoyhood
(2014/07/29)
Original Soundtrack

商品詳細を見る

これ観たよ!

今日は、オフ日。
しばらく前から今日しかない、と決めていたので、
行ってきました。

『6才のボクが、大人になるまで。』 ~原題:Boyhood ~ です。
邦題はわかりやすいけれど、原題のほうがイメージぴったり。
少年時代から卒業して、大人に。。。みたいな。

6才のボクが、大人になるまで。6才のボクが、大人になるまで。
(2015/02/25)
オリジナル・サウンド・トラック

商品詳細を見る


boyhood imdb

160分超えの長編でしたが、飽きることもなく。
本当によかったです。

両親役の二人も大好きな役者さん。
主役の子もよかったし。お姉ちゃんも素敵でした。
等身大ですね。
この映画は、アカデミー賞にもノミネートされているとか。
先日のゴールデングローブ賞にも。
実際の12年間。
変わっていないと思っていても、まったく違った環境になってる。
私たちの生活とは全然違いますが、
親子の心情とかとても理解できました。

もともと、観たいと思った理由は、ただ一つ。

似た年頃の息子たちの気持ちが少しでも感じられたら、、、と。
親子の会話だけでも、うんうん!! とうなづける場面がたくさんありました。

私がグッときた場面は、最後のあたり。
この頃には、きっとこんな心境になるのだろうな。
その準備をさせてもらいました。

この両親のように、子供の背中を押してあげたいと
感じましたね。
だけど、寄り添うのはとても難しい。

まだまだ修行です。

あ、英会話的には、子育て・教育、日常の雑談がたくさん出で来るので、
私の生活にも使えそうな会話がたくさん出てきました。
難しい会話はしていないし。
ただし、テキサスアクセントかな。

思春期のお子さんがいる方には、お勧めの映画です。



これ観たよ!

先週の金曜日。半日あいているのがこの日だけ。
朝一番で、ホピットを観てきました。



つい先日オープンしたばかりのイオンシネマ。
3Dでの鑑賞。ちゃんと眼鏡も購入しました。
実は、3Dは初体験。
私は、車酔いしやすくて、立体的にグルグルまわる、、、とかが
とっても苦手なんです。実際、すごく若い頃に、映画館で「飛び出すジェットコースター」シーンで
気分が悪くなり、トイレに駆け込んだ経験が。。。
でも、そんな心配は不要でした。
まあ、当たり前ですよね。とりあえず多数の人に受け入れられなければ、こんなものも開発
されないですよね。

、『ホビット 決戦のゆくえ』(The Hobbit: The Battle of the Five Armies)。


honnit


この最終章でやっと映画館。
前作はDVD。
迫力満点でした。
元々のお目当ては、マーティンフリーマンのビルポと、ベネディクトカンバーバッチのスマウグ。
途中から、スマウグはいなくなりますが、その寂しさもまるで忘れてしまったのが、
Richard Armitage のトーリン・オーケンシールド(Thorin Oakenshield)。
前作でもひときわ目立つ存在でしたが、今回はすごかった。
ハンサムばかりのご一行ですが、トップでしょう。

画面いっぱいの彼の表情があり、心情の複雑さ、人間の業?までが伝わってくるような。
そこから抜け出した後の表情は、まさにホレボレ
その時のセリフがこれまたよかった。シンプルだけど、心からの言葉。
これは、吹き替えではわからない。絶対!! ← 勝手に信じている。

IMDb での Richard Armitage ページ

DVD発売されたら、買ってしまうかも。
2時間以上の作品ですが、あっと言う間でした。

それにしてもビルポは長生きだわ。
あ、ガンダルフもすごいけど。

プロフィール

kuri2mama

Author:kuri2mama
"Keep your feet on the ground,
and keep reaching for the stars."

足はしっかりと地面につけつつ、
 手は星に伸ばし続けましょう 
     -ラジオ講座 ものしり英語塾より

私の星☆は、どれかしら??


*商用・アダルトサイト運営者のコメント、不適切なトラックバックは、ご遠慮下さい。その場合、削除させていただきますので、ご了承下さい。

最近の記事
最近のコメント
マーフィー博士の易占い
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
19297位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クッキング
1028位
アクセスランキングを見る>>
ブログ開始から何日経った?
ゴガクル
リンク
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
お気に入り
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。